脱毛と薬

 

湘南美容外科

 

脱毛と薬の関係

 

脱毛施術を受ける際、カウンセリングで必ず聞かれるのが現在服用している薬があるかという事ですが薬と脱毛にどのような関連があるのでしょうか。

 

 

内服中の薬によっては光に反応して過敏症を起こしてしまいひどい時にはやけどのような症状を招く恐れがあると言われています。

 

 

その代表的な内服薬の例としては抗生物質や三環系抗うつ剤、抗不安剤、抗真菌薬等が挙げられます。

 

 

これらの薬は紫外線に反応を起こす為、脱毛を行う際に過敏に反応する恐れがあると言う訳なのです。

 

 

 

 

 

また上記以外の内服薬で女性に比較的服用されている事が多いホルモン剤ですが、場合によっては脱毛効果が現れない事もあります。

 

 

エステサロンで脱毛を行いたい場合にはサロンと医師の両方にに脱毛が可能か判断をしてもらい施術を受けることをお勧めいたします。

 

 

 

 

 

脱毛機器で使用する光線には紫外線はカットされている為、万が一これらの薬を服用していたとしてもさほど問題はありませんが、たまたま体質と服用した薬と脱毛行為の3つが重なった際に可視光線に対して過敏反応するという可能性が捨てきれないためエステサロンなどでは場合によっては施術を行えないとなるわけなのです。

 

 

以前の脱毛サロンでは医療的な判断は行えませんので、万が一の際には医療処置が施せません。しかし、今の脱毛サロンはもちろん医療行為はできませんが、病院と提携するなどして肌トラブルに対応するサロンが増えています。

 

 

 

 

あなただけで悩んでいても仕方のないことなので、薬を貰っている病院に行った時に、病院の先生に脱毛処理を受けたいんですけど服薬中でも問題ないですよね。」と確認してみてはいかがでしょう。

 

 

悩んでいた解凍が以外にも簡単に解決するのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

⇒ 湘南美容外科クリニックの脱毛

 

 

 

脱毛と薬の副作用

脱毛サロンで脱毛する場合、服用中の薬について確認があります。それは、薬によって副作用が出る可能性があるからということです。

 

 

主に副作用といっているのは日焼けのような症状が出たり、かゆみが出たりする場合があります。肌のトラブルを避けるために脱毛サロンでは医師の承諾が必要ですと言われるわけなんですね。

 

 

このような副作用は飲み薬だけでなく、外用薬でも起こる可能性があるので、脱毛を受ける場合は事前にちゃんと伝える必要があるわけです。

 

 

 

 

 

三環系抗鬱薬、抗不安薬、抗生物質系などは過敏症を起こす可能性がありますが、通常は紫外線領域で光に反応することが多いようです。

 

 

ただし、可視光線領域に反応するケースもあるので、心配な方は脱毛サロンよりもやはり医療脱毛でのカウンセリングを受けてテスト照射をしてみることがよさそうですね。

 

 

 

最近は美白ブームもあり色白の方が多いので、ちょっとした日差しでも肌が赤くなってしまう方も多いです。

 

 

 

 

 

レーザー脱毛やフラッシュ脱毛が紫外線領域はカットされているとはいえ、少なからず体への負担はあるので、カウンセリングの際に相談することが大切です。

 

 

面倒だからといって話をしないと後で肌トラブルになったときの保証が効かなくなる恐れがあるので事前に話をしましょう。

 

 

 

 

 

服薬中で脱毛している人はたくさんいるので、それほど大げさに考えなくてもいいのかもしれません。

 

 

あくまでも万が一とか、可能性があるという話しです。全ての人が肌トラブルになるわけではありません。

 

 

医療機関と提携している脱毛サロンであれば万が一の場合でもケアしてくれるので安心できるのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

あなたがすでに脱毛サロンに通っているならば、予約の際に薬を服用していることを伝えないといけません。

 

 

トラブルを未然に防ぐためにあなたがするべきことです。サロン側は薬を服用していないと思って脱毛の施術をするわけです。

 

 

万が一服用している薬に反応してしまった場合、虚偽の申告などトラブルになってしまいます。

 

 

 

脱毛サロンには危険がいっぱい

脱毛サロン、美容サロンは大小さまざまなお店があります。

 

 

電車に乗る方は知っているかもしれませんが、電車の中にある広告で、脱毛100円とか見かけます。

 

 

ミュゼの「ペア割」ですね。。100円で脱毛できると思いますか?

 

 

ちょっと怪しくて何かありそうと思ってしまいます。

 

 

たとえワキ脱毛だとしても100円でいったい何ができるのか?と言う疑問があります。

 

 

脱毛サロンは美容外科での脱毛と違いトラブルが多いとよく言われます。

 

 

その理由としてちゃんとした資格がないからと言うことが挙げられます。

 

 

ちょっとした講習を受けるだけで、即実践と言うケースがあるようです。

 

 

こんな記事がありました。 

 

 

美容サロンにはびこる危ない“脱毛”事情

 

カード決済でトラブル

 

 

すべての脱毛サロンが危険だ!と言うことはないと思いますが、脱毛サロンの料金って安すぎますよね。。

 

 

ペア割で100円でだつもうですよ!?安いことはいいことですが、そのしわ寄せがどこかに来るのは予想できます。

 

 

・来店後の別プランへの勧誘

 

・それなりの仕上がり

 

・予約が取れない

 

 

脱毛費用の中には目には見えない「安心」が含まれています。つまり、費用が少なくなれば当然安心も少なくなると言うことです。

 

 

脱毛したいけど服薬の関係で戸惑っていることと察します。

 

 

それであればやはり専門の知識、環境を持っている美容外科で、医師と相談しながら脱毛することがよいのではないでしょうか。

 

 

 

服薬が気になるなら美容外科で脱毛

薬の服用中だけど脱毛したい方は諦めてください。。。ということはありません。

 

 

脱毛サロン系ではなく美容外科で脱毛を受けることができるので気になる方はカウンセリングなどを利用してみてください。

 

 

美容外科のメリットは病院なので、服用中の薬についてしっかりとした知識があり、脱毛できるのかどうかその場で判断してもらえることです。

 

 

皮膚のプロなので、服薬している薬がどんなものなのかも知っているし、影響具合も熟知しています。

 

 

 

 

あなたが、服薬ないのであれば脱毛サロンでもいいのでしょう。しかし脱毛サロンでは病院の診断が必要などいわれるケースがほとんどなので、場合によっては受けられないこともあります。

 

 

でも。。脱毛サロンのほうが安いから。。。と思っているかもしれません。高いといっても1〜2割程度です。その代わり安心度合いが違います。

 

 

結果的には美容外科のほうが期間も短いし、回数も少なく脱毛の効果を得ることができるので、少しでも脱毛にふあんようそがあるのであれば、美容外科のほうがいいです。

 

一人で悩んで判断しても仕方ないので、まずは相談することが早い解決方法です。

 

 

きっとよい結果が出るはずです。服薬状況と脱毛の可否、心配事などを聞いてもらうことがよいと思います。美容外科と言ってもお医者さんなので、適切なアドバイスをくれるはずです。

 

 

>>> 湘南美容外科クリニック

 

 

 

 

 

 

【 脱毛は安心と実績のある湘南美容外科クリニックへ 】
わき5回1000円+無制限3400円